2018年04月 3日

 私は、日常のさまざまな場面でj自分が話しすぎていることに気づかされ、反省する毎日です。

次の聖書の言葉と詩を読む時、話すことよりも、「聞く」ことの大切さを強く感じます。

「聞くに早く、語るに遅く・・・・・」(ヤコブの手紙1章19節)

 詩 「聴いてください」

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたは助言を始めます。

私はそんなことを望んではいないのです。

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたはその理由について話し始めます。

申し訳ないとは思いつつ、私は不愉快になってしまいます。

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたは何とかして、私の悩みを解決しなければという気になります。

おかしなことに、それは私の気持ちに反するのです。

 祈ることに慰めを見出す人がいるのは、そのためでしょうか。

神は、無言だからです。

助言をしたり、調整しようとはしません。

神は聴くだけで、悩みの解消は私にまかせてくれます。

 だから、、あなたもどうか黙って私の話を聴いてください。

話をしたかったら、私が話し終わるまで、少しだけ待ってください。

そうすれば、私はあなたの話に耳を傾けます。

コメントする

ページの上部へ