2018年06月15日

わたくしごとですが、5月の15日間連続講演会の後、ダウンしてしまい、

多くの方々にご迷惑をおかけいたしました。

今、風邪が流行っています。皆様も、くれぐれもお体にはお気をつけください。

さて、聖書の中に、次のような話があります。

そしてエサウは言った、「さあ、立っていこう。わたしが先に行く」。

ヤコブは彼に言った、「ごぞんじのように、子供たちは、かよわく、

また乳を飲ませている羊や牛をわたしが世話をしています。

もし1日でも歩かせ過ぎたら群れはみな死んでしまいます。

わが主よ、どうか、しもべの先においでください。

わたしはわたしの前にいる家畜とこ子供たちの歩みに合わせて、

ゆっくり歩いて行き、セイルでわが主と一緒になりましょう。」

創世記33章12~14節(旧約聖書)

ここに記されているエサウとヤコブは、双子の兄弟でした。

兄エサウが自分のペースで「出かけよう」と弟ヤコブに言ったのに対して、

ヤコブは、「私は、ここにいる家畜や子供たちの歩みに合わせてゆっくり

進みます。」と答えました。ヤコブは、自分のペースに合わせようとするのではなく、

家畜や子供たちのことを気にかけて、自分が合わせていこうとしました。

ヤコブの言葉は、イエス・キリストの姿を私たちにあらわしているように思います。

イエス・キリストは、私たちの気持ちを知ってくださり、私たちの歩みに合わせて

ゆっくりと歩いていてくださるお方です。

 
 

コメントする

ページの上部へ